« 笑月夜。 | トップページ | 名古屋記念病院での動画日記。 »

2008.12.13

瑞生からお父さんへ。

マサルさんの入院中、初めて触った三線で、告別式で満月の夕を弾いてあげたい。

なんて素敵なプレゼントを、この子は考えていたんだろ。

うんうん。ねぇさんがなんとかしてやるよ。(司会者に相談しただけ…笑)
私の別れの言葉はミッキーの前座。
私はお父さんに「大好きー!」て叫ぶから、ミッキーもやったれよ!!!って約束して。

デビューライブが数百人の弔問客とご本家中川敬氏、そしてお父さんの前だなんて、やっぱあんたはマサルさんの息子やわ…
ふじちゃん、ミッキーの将来が楽しみでしょうがないよ。
お父さんもお母さんもだけど、私もこれからもずっと見てるからね。

ほんま、雄叫びあげるくらい最高のライブやったよ。
お父さんも踊っとったよ。

これからも、楽しんでいこうな、ミッキー。
今度はミッキーの手作りパスタ、食べさせてな。

« 笑月夜。 | トップページ | 名古屋記念病院での動画日記。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まさか「満月の夕」をこのように聴かせていただくことになろうとは思ってもみませんでした。泣けて泣けて涙が止まりません。阪神大震災に多少でも関わった者としてはこの曲は忘れられない唄です。
おかさんとはきっとたくさんの話題で話ができたと思います。無念です。
息子さんが強く生きていかれることを祈っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1114056/26148778

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞生からお父さんへ。:

« 笑月夜。 | トップページ | 名古屋記念病院での動画日記。 »